読了:本当は怖い韓国の歴史

ごく単純に韓国の歴史を知りたいと思ってとりあえず目に付いたこの本を読んでみた。歴史研究と韓流ドラマが並行して語られるので何が何だかよくわからなかった。特に李氏朝鮮より前の歴史は本当なのか作り事なのかよくわからない。もう少しストイックに歴史を語っている本を読んでみたいと思った。

この本もKindle Unlimitedで。次の本は韓国と日本の歴史に関するものだ。もう少し読んでみたいと思う。

本当は怖い韓国の歴史(祥伝社新書302)
豊田 有恒

本当は怖い韓国の歴史(祥伝社新書302)
韓国が漢字を復活できない理由(祥伝社新書282) どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書) 困った隣人 韓国の急所(祥伝社新書313) 日韓がタブーにする半島の歴史 (新潮新書) 韓国は裏切る (新潮新書) なぜ韓国外交は日本に敗れたのか (PHP新書) 日本人なら絶対知っておきたい韓国の歴史 (幻冬舎ルネッサンス新書 や-4-1) 本当は怖ろしい韓国の歴史 侮日論 「韓国人」はなぜ日本を憎むのか (文春新書) 韓国 堕落の2000年史―日本に大差をつけられた理由 (祥伝社黄金文庫)
by G-Tools

カテゴリー: 学び, 日々, | タグ: | コメントする

読了:すごいリーダーは脳がちがう

苫米地本を少し読んでみようと思って選んでみた。例によってkindle Unlimitedだ。

極論すると「洗脳」の話になるか。もちろん悪用しようという話ではなくて、リーダーは臨場感空間を作り出して、下の人々を同じ空間の中に取り込む人。という感じかな。まあわかる。

ただ、この本、2009年の本で、賞味期限切れかな。小泉元首相が影響力を持った時代のこと、オバマ大統領が就任してまだリーダーに足るかどうかわからないこととか書かれている。日本の工業力もまだ大丈夫だと言っている(僕はそれは今でも有効だと思うけど)。円高になればメリットが大きいというのは大賛成だけど。

ちょっと古い感じがするでしょ。今はどう思っているのかな。同じようなテーマの今の本が読みたいな。

すごいリーダーは「脳」がちがう
苫米地 英人

すごいリーダーは「脳」がちがう
コーポレートコーチング 下 とてつもない未来を引き寄せる予見力 すべてを可能にする数学脳のつくり方 フリー経済学入門 【知らないではすまされない! 世界を支配する「フリーミアム」の解説書】 「生」と「死」の取り扱い説明書 超訳 空海 (PHP文庫) 夢が勝手にかなう「気功」洗脳術〜脳科学から見た「気功」の正体【覚醒CD付】 心の操縦術 真実のリーダーとマインドオペレーション もうこれ以上、人間関係で悩まない極意 ─今こそ、「縁起人」として生きろ。─ 超「時間脳」で人生を10倍にする
by G-Tools

カテゴリー: 学び, 政治, 日々, | タグ: | コメントする

読了:立ち読みしなさい

なんとなく既に読んだことがあるような気がしたんだけど、読書記録にはないので初読のはず。読んだと言っても、iPhoneの読み上げ機能を使って聞いたのだけど。そろそろ目の疲れが気になるお年頃なので。

成功哲学について3つに分けて書かれている。内容はもちろん本を読んでいただくとして、自分の意識を変えればできそうなことだったということだけ書いておこう。漫画が入っていたりしてなかなか読みやすい本である。

苫米地先生の本はまだいろいろ読みたいものがある。うまくエッセンスを身につけることができるといいな。

謎が一つ。なぜ「立ち読みしなさい」なんだろう?

立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術(ありがとう出版発行)
苫米地 英人

立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術(ありがとう出版発行)
「言葉」があなたの人生を決める 「イヤな気持ち」を消す技術 「言葉」があなたの人生を決める【実践ワークブック】 コンフォートゾーンの作り方【聴くだけで目標達成できる!CD付】~図解TPIEプログラム~ 本当はすごい私 一瞬で最強の脳をつくる10枚のカード 超訳 空海 (PHP文庫) コーポレートコーチング 下 脳に免疫力をつければ病気にならない! もうこれ以上、人間関係で悩まない極意 ─今こそ、「縁起人」として生きろ。─ 《思いのままにお金を集める》 Dr.苫米地式資産運用法なら誰もが絶対にrichになれる! (Knock‐the‐knowing)
by G-Tools

カテゴリー: 学び, 思考, 日々, | タグ: | コメントする

読了:蔦屋

蔦屋で時代物といえば蔦重、蔦屋重三郎のことになるのだが、この作品は蔦重が主役ではない。日本橋で本屋を畳もうとしていた小兵衛が主役だ。小兵衛が蔦じゅうに雇われるところから始まる。その理由は読んでのお楽しみ。

松平定信の理不尽な出版統制にもめげずあの手この手で売れる本を出していく。その蔦重を小兵衛が語る形で物語は進んでいく。目の付け所の良さから作った本は爆発的に売れる。そのあたりの小気味良い進行はワクワクする。権力には敵わなくても意地で新しい道を見つける。そこが面白い。

なかなか面白い作品だった。この作者の作品は初めてだな。

Kindle Unlimitedで読んだ。Kindleで小説は読まない縛りは簡単に破れてしまった。こうなったら破れかぶれ。小説でもなんでも読んでやろうじゃないか(笑)

蔦屋
谷津矢車

蔦屋
蔦重の教え 曽呂利! 白菊-shiragiku-: 伝説の花火師・嘉瀬誠次が捧げた鎮魂の花 骨風 蔦屋でござる (二見時代小説文庫) 信長さまはもういない 蔦屋重三郎 (平凡社ライブラリー) 三人孫市 あたえる人があたえられる 唸る長刀 ((幻冬舎時代小説文庫))
by G-Tools

カテゴリー: 日々, | タグ: | コメントする

読了:読んだら忘れない読書術

具体的な本の読み方が書かれていて、役に立ちそうだと思った。深く読む人は本を汚く読むみたいだな。汚くというのは線を引いたり、考えたことを書き込んだりという読み方。僕はこれが苦手。とりあえず読むときには手元に付箋紙を置いてそこにメモして貼り付けながら読もうかな。

オススメ本も31冊紹介されていて、さらに読書が広がりそうだ。

この手の読書術の本の中では納得するところの多い良本だと思う。

Kindle Unlimitedで読んだ。読み放題は楽しすぎる。

読んだら忘れない読書術
樺沢紫苑

読んだら忘れない読書術
覚えない記憶術 「苦しい」が「楽しい」に変わる本 ~ 「つらい」を科学的になくす7つの方法~ トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術 幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論 読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (知的生きかた文庫) 脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方 メールの超プロが教えるGmail仕事術 大人のための読書の全技術 毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法 読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門
by G-Tools

カテゴリー: 学び, 日々, | コメントする

Kindle Unlimitedは止まらない

Amazonの月額定額読み放題が始まったのはいつだったか。今月だと思うんだけど、これは本好きには恐ろしいサービスだ。全ての本が読み放題というわけではないのだが、読み放題の本は12万冊あるという。僕は小説はKindleで読まないという縛りをかけているのだが、それが破れるのも時間の問題かという状態。

新書やビジネス書の類でちょっと面白そうだと思ったらすぐにダウンロードして読み始めてしまう。外を歩く時はiPhoneの読み上げ機能で聞き続ける。これまでにも増して読書漬けになっている。

何れにしても楽しいことこの上ない。こうやって限界費用が限りなくゼロになっていくと生活は大きく変わってしまうに違いない。

全く恐ろしい(と言いながら次に読む本を物色してしまうのだ)。

カテゴリー: 妄想, 思考, 日々, | タグ: | コメントする

読了:炭水化物が人類を滅ぼす

タイトルからして大胆だが、本書で展開される仮説は大胆でありながら緻密である。現代の、あらゆる食物が穀物に頼っていること、穀物生産が水不足などの問題で破綻しつつあること、それが食料問題を招く可能性が高いこと。そして、人間が穀物の主たる成分である炭水化物に頼るようになったことを歴史的な観点から考察し、人類はもともと炭水化物を必要とはしていなかったこと、炭水化物が麻薬のような魅力を持つことに言及し、穀物(炭水化物)に頼る現代の生活に警鐘を鳴らしている。

生命の科学という観点では、太古の単細胞生物からヒトに至るまでのエネルギー生成についても考察していてとても面白い。

人間は必ずしも炭水化物を必要としないというのは自分のダイエット効果や筆者のWebサイトに集まった糖質制限ダイエットなどの成功例などで例証している。

糖質制限は色々と敵の多い治療法/ダイエット法だが、とりあえず僕自身も実験してみようと思うくらい気楽にはじめられるものである。自分がどんな結果を出せるか、それも楽しみなところなのである。

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)
夏井 睦

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)
ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか (光文社新書) 傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書) 糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべ て (幻冬舎新書) 人類最強の「糖質制限」論 ケトン体を味方にして痩せる、健康になる (SB新書) 主食をやめると健康になる ー 糖質制限食で体質が変わる! 日本人だからこそ「ご飯」を食べるな 肉・卵・チーズが健康長寿をつくる (講談社+α新書) 食品別糖質量ハンドブック マンガ『炭水化物が人類を滅ぼす』 最終ダイエット「糖質制限」が女性を救う! 本当は怖い「糖質制限」(祥伝社新書319) 白米が健康寿命を縮める 最新の医学研究でわかった口内細菌の恐怖 (光文社新書)
by G-Tools

カテゴリー: 学び, 思考, 日々, | タグ: | コメントする

読了:生き方

老境に入って思うことをまとめた感じ。その年になればわかるような気がする内容だった。

働くということに対しての価値観が古いと思った。人生は働くことばかりではない。働くことと自分が乖離している人もたくさんいる世の中になったのだ。この人の生き方が全てだとは思わないほうがいい。

京セラや、DDIを立ち上げたことなど過去の栄光。時代に押されただけだと思うが、むしろ、得度してからの生き方が見事だと思う。死に真っ向から向き合おうという覚悟は人として尊敬に値すると思った。

生き方―人間として一番大切なこと
稲盛 和夫

生き方―人間として一番大切なこと
働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」 道をひらく 稲盛和夫の実学―経営と会計 稲盛和夫の哲学―人は何のために生きるのか (PHP文庫) 稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ 「原因」と「結果」の法則 「成功」と「失敗」の法則 稲盛和夫流・意識改革 心は変えられる――自分、人、会社全員で成し遂げた「JAL再生」40のフィロソフィ アメーバ経営 (日経ビジネス人文庫) 京セラフィロソフィ
by G-Tools

カテゴリー: 働き方, 学び, 日々, | タグ: | コメントする

読了:ソース〜あたなの人生の源は、ワクワクすることにある。

ワクワクすることをやる。そうじゃないことはやらない。

かなり極端に思えるかもしれないが、人生を考えた時、本当に自分がワクワクすることを後回しにしていると、それをやろうと思った時には時間切れということになる。だからワクワクすることを全て同時にやり始めることが大事なのだ。このワクワクすることが「ソース」なのである。

お金がないとか、もう遅いとか、そんな言い訳を言っている暇はない。本当にワクワクすることを思い出して、今すぐ小さな一歩を踏み出そう。それが人生を素直に生きるということなのだ。

ということが書いてあったと思う。

僕がワクワクすることはなんだろう。真剣に考えてみよう。

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすことにある。
マイク・マクマナス ヒューイ陽子

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすことにある。
ずっとやりたかったことを、やりなさい。 VOICE新書 本当に好きなことをして暮らしたい! 仕事は楽しいかね? そろそろ、本気でお金持ちになってみませんか 正しく悩む技術: 「なんとなく……つらい」あなたを救うヒント 人生の答えはいつも私の中にある〈上〉 (ワニ文庫) 人生の答えはいつも私の中にある〈下〉 (ワニ文庫) 未来は、えらべる! (VOICE新書) 自分の小さな「箱」から脱出する方法 愛とは、怖れを手ばなすこと (サンマーク文庫 E- 45)
by G-Tools

カテゴリー: 働き方, 学び, 思考, | タグ: | コメントする

読了:21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由

この本は紙の本で一度読んでいるんだけど、本自体は札幌にある。Kindle Unlimitedを文飾していたら見つけたのでダウンロードして再読した。

ゼロから1を作る時、デザイン思考がどうしても必要になる。今、日本お企業に必要なのはまさにそういうことではないかと思う。単純にビジネスのロジックに乗っているだけでは何も変わらない。変わらなければ座して死を待つようなものだと思う。デザインの思考では評論は意味がない。ものを作り出してなんぼなのである。左脳のロジックに偏りすぎたビジネスを右脳のイメージもバランスよく使う形にする必要があると書かれている。ざっくり言えばそれがデザイン思考である。

この本にはデザイン思考のための考え方やテクニックが詰まっている。何度も読み返してみたい本である。

筆者のブログ:ビジネスとデザインの交差点

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由
佐宗 邦威

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由
デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 問題解決に効く「行為のデザイン」思考法 発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法 これからのマーケティングに役立つ、サービス・デザイン入門 -商品開発・サービスに革新を巻き起こす、顧客目線のビジネス戦略 ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 2016年 04 月号 [雑誌] (デザイン思考の進化) 超図解「デザイン思考」でゼロから1をつくり出す クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法 独創はひらめかない―「素人発想、玄人実行」の法則 システム×デザイン思考で世界を変える 慶應SDM「イノベーションのつくり方」 実践 デザイン・シンキング
by G-Tools

カテゴリー: 働き方, 学び, 思考, | タグ: | コメントする