読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

映画・TV

座頭市

投稿日:

北海道新聞 教育・文化
北野監督に特別賞 ベネチア国際映画祭  2003/09/04 10:30

 【ベネチア3日共同】イタリアで開かれている第60回ベネチア国際映画祭を主催するベネチア・ビエンナーレは3日、新作時代劇「座頭市」を監督・主演した北野武監督に、映画や芸術の分野で大きく貢献したとして、「オープン2003年特別賞」を授与した。

北野映画って、芸術性の高い映画だと思う。ストーリーも映像もあまり既成の概念にとらわれていない。今回の座頭市も、まず注目された髪の色。時代劇のシチュエーションを借りているけど時代劇ではないのだなと直感的に感じさせる。
僕は実際に見る前にいろんな情報を仕入れるのは嫌いなほうだからまだ内容はわからない。映画はやっぱり映画館で見たほうがいいかなあという気持ちが最近強くなってきたのでこの映画は映画館で見てみようかな。
幸い会社のそばにシネコンがあることだし。。。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-映画・TV

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.