北海道新聞 トピックス
JR北海道の「車体傾斜」が次世代新幹線に採用 揺れ小さく低コスト…  2003/09/09 10:30

 JR東海とJR西日本が四年後のデビューを目指して開発中の次世代型新幹線に、JR北海道が世界で初めて取り入れた「車体傾斜システム」が採用されることが八日までに、決まった。同システムはカーブの通過速度を上げるため、台車の左右にある空気バネの空気圧を調整して、車体を傾ける仕組み。JR北海道が誇る「低コストで故障も少ない」システムが高く評価された。

北海道は寒冷地なので、スーパー北斗などに使われている振り子技術も特殊な新技術を使っている。冬季の車両保守運用を円滑に行うためには構造の複雑なものは使えない。シンプルな構造で要件を満たすために工夫を重ねている。それが評価されて次世代新幹線に採用されるというのはすごいことだと思う。国鉄時代からのモノ作りの伝統が厳しい経営環境のなかで受け継がれていることは賞賛に値する。
北海道のポテンシャルを示すすばらしい事例になったと思う。