「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

技術・科学

NHKの時報

投稿日:

asahi.com : 文化芸能
消えるNHKの時計時報 デジタル放送では4秒の遅れに

 12月から東京、大阪、名古屋の3大都市圏で始まる地上波テレビのデジタル放送から、40年余り親しまれてきたNHKの時計形式の時報が姿を消すことになった。放送局が電波を送出してから、テレビ画面に表示されるまで、約4秒もの遅れが生じ、正確な時刻を伝えることが不可能になるからだ。

なるほど。エンコードとデコードに時間がかかるもんなあ。
でも、ディジタル放送を現行の放送の枠組みだけで考えれば不可能なんだろうけど、iアプリのようなプログラム配信インフラとしての利用にも技術的可能性があることを考えると、放送と組み合わせて端末側のプログラムを動作させるというのも工夫次第で可能そうだ。
双方向サービスで通販とかやろうとすると契約上時刻同期は重要になるはずだから、正確な時計とそれを放送アプリケーションで利用する仕組みはあってもいいような気がする。まあ、「放送」というものから発想を転換してテレビにパソコン的機能を搭載するのは難しいし、そこまでコストをかける意味があるかどうかは議論の余地があるけれど。
ディジタルになっても本当の意味での放送と通信の融合はまだまだ先の話なのだとつくづく感じる。







-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.