asahi.com : 経済
MS、トロン陣営と提携 「独自路線」から転換?

 ソフトウエア最大手の米マイクロソフトが、日本国産の基本ソフト(OS)「トロン」を情報家電向けに改良する共同組織「T―エンジン・フォーラム」に加わり、次世代ソフトの研究で提携する。パソコン用ではマイクロソフトのOS「ウィンドウズ」に敗れたトロンだが、日本が強い情報家電でトロン陣営が主導権を奪い返している。パソコンが成熟商品となっている一方、情報家電は急成長が見込まれることから、巨人・マイクロソフトも「独自路線」から転換したとみられる。

組み込みの世界にWindowsの枠組みを持ち込むよりも、実質的にシェアの高いトロンと組んだほうがいいと判断したのだろうか。
さすがのマイクロソフトも独自路線で家電に踏み込むのは難しく、何度も失敗を重ねてきたから、少しスタンスを変えてホームサーバのような家庭内情報HUBを狙う方向に戦略をシフトしたのかもしれない。
いずれにしてもパソコンOSの市場の飽和は近いからなあ。
長い目で見ると成長路線にかげりが見え始めたということでもあると思う。