蹴りたい背中

高校生くらいのころってこんな理屈じゃ割り切れない毎日を送っていたなあ。蹴りたい背中。なんとなく悶々としたものをほんの少し乱暴に表現したくなる気持ち。あったような気がする。「インストール」でもうまく表現されている未熟なエロスの世界。「インストール」よりも表現力に磨きがかかっている。
ちゃんと落ちがあるストーリーじゃないと気がすまない人に向かないかも。ホントはその落ちがない悶々とした感じがこの小説の本質なんだと思うんだけどね。