asahi.com : 国際
「米から損害補償受ける権利ある」 北朝鮮報道官が談話

 北朝鮮の外務省報道官は18日、米朝枠組み合意から9年(21日)に際し談話を発表、「米国は合意を一方的に全面破棄した責任から絶対に逃れられない」と非難し、「我々の核抑止力強化は時が来れば、実物で証明されることになる」と改めて強調した。朝鮮通信(東京)が国営朝鮮中央通信の報道として伝えた。

経済的困窮が政権の中心まで迫っていることを物語っているような気がする。このまま消耗していくのかもしれないが、大きな混乱にならずに軟着陸できることを祈りたい。