ミッシング

短編集。人の裏側にありそうな心理を淡々とした一人称で語っていくスタイルのこの人の作品はかなり理屈っぽい感じがするけれど面白い。もともと人物設定が極端というかストーリーのために仕立てあげられたって感じが抜けないところが多少荒削りな感じだけれど、それは作者が作品を重ねていく上でだんだんと消化されるようになっていくだろう。
作品の内容とは別にこの人は書くことが好きなんだなあと思う。
今日はこの本を読んで半日つぶしてしまった。