「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

技術・科学

MTケータイ対応でパケ死寸前

投稿日:

MTをPCとケータイで切り分けて表示」なんてことをやってみたりしたのが縁で、http://tsukihito.zive.net/i/からケータイ対応のページをケータイ使って読んだりするようになった。さらに、こっち(ぼくのページケータイ版)ではB.B.'sWebSpaceさんのiRSS++なんかも使えるようにしてしまったのでなにしろケータイでblogをいつでもどこでも読むというケータイblog中毒患者になってしまった。
すると忍び寄ってくるのがパケ死である。先月あたりからパックの無料通話分を軽く超えてしまうようになり、すでに瀕死の状態である。なにか対策が必要なのである。


んでもってまじめに対策しようと思っていたところ、jig.jpというのを発見した。月額300円でパケットを圧縮して平均50%程度節約できてしまうという。要はパケット圧縮対応のiアプリブラウザが圧縮対応プロキシみたいなところを介してページアクセスするという仕組み。
月半ばにしてすでに無料通話分を超過してしまった僕にとってこのiアプリをダウンロードすること自体結構痛いのだが、どっちみち今月もblog中毒は治らないだろうから10日間試用でどんなもんか見てみることにした。
すると。。。ページを表示するたびにどれくらい節約したか表示される。実際50%から70%くらいのパケットを節約しているようだ。うれしい。ページごとにいくらかかったかわかるので無駄なアクセスを避けようという気も起きる。ような気がする。
さらにカンドーの嵐で涙目になってしまったのは、このブラウザが表示文字を選べることだった。そう。私は文字表示がとんでもなくしょぼいSO505iを愛用しているのだ。液晶が高精細なのにこいつはでかくて汚い字しか表示できないおーばか者なのだ。
jigのブラウザはすんげー小さい字で表示できて、高精細を堪能できてしまうのだった。いままでコロコロ20回くらいまわしてスクロールしなきゃ読めなかったページがほとんどスクロールなしで読めてしまったりしちゃうのだ。
ついでにPCメール(普通のメールですね)のWeb経由アクセスもできる(らしい)。
すばらしー。毎月300円払えば今までの倍くらいiモードが使えてしまう。これで料金オーバーを防ぐことができるかもしれない(自信なし)。どっちにしてもお試し期間が終わったら即毎月300円払ってしまうにちがいない。
と、いうわけでMTなみなさん、是非ケータイ対応サイトにしてください。ついでににMyBlogとかBlogPeopleとかの人は是非是非ケータイ対応サイトを直ちに作っちゃってください。
そうすれば私一人でケータイblog地獄に落ちないで済むのでうれしーです(^^)







-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.