「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

技術・科学

「準天頂衛星」で列車管理

投稿日:

asahi.com : サイエンス
「準天頂衛星」で鉄道運行管理 国交省が12月から実験

 国土交通省は18日、08年度に打ち上げ予定の「準天頂衛星」を使った新しい鉄道運行管理システムの実験を来月から始めると発表した。米国の全地球測位システム(GPS)の約10倍の精度や通信機能を生かして、列車の位置を把握したり停止信号を列車に送信したりできるという。線路を使った列車検知装置が不要になり、人員も削減できるため、国交省は「不採算の地方路線で有効だ」とみている。

準天頂衛星は、日本国内のどこでも仰角60度以上に見える衛星なんだって。ほとんど真上。ビルとかに遮られることもあまりなさそう。精度の高さと、自国の衛星であることを生かして鉄道の制御に使おうということなんだな。
コスト面から田舎のほうで使われる可能性が高いのか。北海道なんか大活躍だな。
衛星の技術的な説明は準天頂衛星へ。
ー通信総合研究所  鹿島宇宙通信研究センター  宇宙サイバネティクスグループのページ
3次元の話は理解しにくいけど、結構面白いです。







-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.