asahi.com : 国際
「日本はきちんとやる」 イラク派遣で米国務副長官

 アーミテージ米国務副長官は3日、自衛隊のイラク派遣について「日本政府の方針に変わりはなく、間違いなくやると言ったことはきちんとやると思う」と述べた。ワシントンの在米日本大使館で、イラクで殺害された奥克彦・在英大使館参事官と井ノ上正盛・在イラク大使館3等書記官のために記帳した際、記者団に語った。

今回の事件はアメリカ政府にとって結構な痛手だったようだ。日本でのさきの選挙の結果は現政権の全面的支持ではなかった。自衛隊派遣問題が小泉政権のアキレス腱になりつつあることをアメリカ政府のほうが良く知っていると見える。
ブッシュ政権はイラク問題の泥沼をなんとかして食い止めないと次期大統領選に勝つことはできないだろう。ここで日本に出渋られてイラク問題に関してアメリカが国際的に孤立した立場になればブッシュ政権は国内の支持を失うのだ。
今回の事件に対する対応が、ブッシュ政権の焦りに見えると言ってしまうのはうがちすぎだろうか。。。