asahi.com : 国際
ネットで「言論の自由」訴えた元教師に懲役刑 中国

 ウェブサイト上で、言論や結社の自由を認めるよう中国当局に呼びかける論文を発表、「国家政権転覆罪」で逮捕、起訴されていた中国・西安の元中学教師顔均氏に対し、西安市中級人民法院(裁判所)は8日、懲役2年の有罪判決を言い渡した。顔氏は控訴する意向という。香港の人権団体、中国人権民主運動情報センターが同日、明らかにした。

結果はまだまだ共産主義中国だけれど、こういう意見が発表されるようになったところに中国の変貌を感じる。香港に人権団体が存在するというのもすごいことだ。
このさき、中国がこういう混乱を飲み込んでいけるかどうかに発展へのカギがある。いつか越えなければならない壁。中国がそれを無事乗り越えて大国となるのは近いのか、遠いのか。