asahi.com : サイエンス
スペースシャトル引退も 米、新宇宙輸送システム開発へ

 ブッシュ大統領は14日に発表する新たな宇宙戦略で、月や火星への有人飛行に欠かせない新型宇宙輸送システムの開発を提案する見通しだ。大型ロケットと多目的宇宙船を組み合わせたものとみられる。10日付の米ワシントン・ポスト紙が報じた。スペースシャトルは引退し、後継の往還機開発も立ち消えとなる可能性が出てきた。

最初にコロンビアが宇宙から戻ってきたときはすごく感動したものだった。何度も往復できる機体に本格的な宇宙時代を感じたからだ。
だけど、コスト面とか技術の管理面で往還機というのはまだまだ難しいのだということをこの間のコロンビアの事故で感じた。
だから現実的な方法としてロケットにもどしてまた月を目指そうというのだけれど、一度実現したことのある目標を再度設定してもフロンティアという感じがないから支持されるかどうかは難しいと思う。
どうもブッシュ大統領がなにかでかいことを言い出すとろくなことがないように思ってしまうのはなぜだろうなあ。