「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

思念波

ダビング10なんかやめてしまえば?

投稿日:

「ダビング10」が一時凍結、情報通信審議会で事実上決定:ITpro

地上デジタル放送のコピー制限を緩和する、いわゆる「ダビング10」の開始延期が事実上決定した。2008年5月13日に開催された情報通信審議会 情報通信政策部会 デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会において、複数の委員が延期やむなしとの見解を示し、大筋で了承された。新たな開始日は決まっておらず、当初6月2日としていたダビング10の実施日は白紙に戻り、文化審議会における私的録音録画補償制度の見直し論議が決着するまで、事実上棚上げになりそうだ。

ふーん。そう。って感じだ。
補償制度と交換条件だっていうならダビング10やめてもいいんじゃないかな?
実運用を想像してみると、利便性という観点ではダビング10ってなんにも制限緩和になっていないもの。

よく考えると、僕はVTRすらろくに使っていない。たまに録画することがあっても観ないことのほうが多い。だいたい録画予約の手順が未だに覚えられなくて、いつも家人にお願いしたりしているくらいだ。
しかし、こう言っている僕は家族の中では一番テレビを観ているほうなのだ。ということは、ウチにはテレビがなくてもいいのかもしれないのだな。いや、ゲームするときはいるか。でもそれなら地デジ対応じゃなくてもいい。
だからダビング10は本当にどうでもいいので、ぜんぜんやらない私的録音録画とやらにお金を取るのはやめてほしい。

ただ、こういう悶着をずっと続けてくれれば、たぶん動画サイトでタダでなんでも観られる状態が続くから、それはそれで便利なんじゃないかと思ったりはする。で、いずれそれが徐々になしくずし的に容認されるようになれば晴れて自由の身だ。

音楽はCDでコピーし放題を維持してくれるんなら今までと同じようにメディアに補償金というのはあってもいいと思う。堂々とレンタルCDを録音して聴くことができるってことだ(論理的にはそうなってしまうと思う)。

ネットでのダウンロード販売では、僕の場合、iPod touchで流行りの楽曲を買おうとしてDRM付きだから買うのをやめたことが何度もある。宇多田ヒカルはDRMフリー版を躊躇なく購入してしまうんだけど、同じ値段でDRM付きの他のアーティストの楽曲をみると「すごく高い!」と感じて購入ボタンを押せなくなってしまうのだ。もちろん楽曲の良さとは無関係なんだけど、そう感じてしまうのは不自然ではないと思う。僕はわりと衝動買いをする方だから、こんな変な障害がなかったらさっさと購入して何度も聴いて、もっとそのアーティストのことを好きになっていたかもしれない。これ、機会損失ってやつだ。

地デジ系デバイスにしても音楽にしても僕ひとりが買うか買わないかなんてたいした問題じゃないと思うけど、一部の「権利者」とやらがこういう僕のような購買行動を過小評価しているとしたら、ビジネスを真面目に考えているとは言えない。まあ、そもそも一部の「権利者」とやらはビジネスなんか考えてないのかもしれないけど、そういうセンスがないから今の不毛なやりとりになっているのだ。

ビジネスを健全に成立させる意志を持った方がみんなの利益になると思うんだけどなあ。







-思念波
-, ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.