北海道新聞 経済
本社機能を札幌に 官学研究会が発足 災害時、企業リスクを分散  2004/01/21 01:30

 「大災害に備えて本社機能を札幌へ」〓首都圏や関西などの有力企業に対し、こんな提言をまとめるための調査研究会が二十一日、札幌で発足する。北海道総合通信局が音頭を取り、産官学から十四人の有識者が参加。地方都市に本社機能を分散する利点について六月までに意見をまとめ、日本経団連などの経済団体に提出する考えだ。

東京の周辺に住んでいる人々にとっては笑い話にしかならないかもしれないけど、企業のリスク管理の観点からなかなかいい考えだと思う。
必要なら滑走路を4本も使うことができる大きな空港が近くにあり、周辺にはまだまだ広大な土地が残っていて、そこそこ都会でそこそこ田舎の札幌は住環境も悪くない。どうしても全てが東京になければならないわけではないのだから、札幌だけじゃなく、地方に分散するというのは地域経済の活性化のためにも良いことだ。
東京の災害リスクは世界一といっていいらしい。まじめに考える価値のある話だと思う。