「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

社会

派遣第一陣、自力防衛で移動

投稿日:

北海道新聞 社会
陸自本隊第1陣、重装備で自力防御 クウェート〓サマワ300キロ  2004/02/01 07:30

 イラク復興支援特別措置法に基づき、イラク南部のサマワに派遣される陸上自衛隊の本隊第一陣約八十人は、クウェートからサマワまでオランダ軍の警護を受けず単独移動を計画していることが三十一日分かった。車列は現地契約の大型トレーラーなどを含め約五十台。武器弾薬も運ぶため、装輪装甲車や無反動砲、重機関銃で武装した厳戒態勢になる。防衛庁幹部は「襲撃の脅威がある中で、防御しながら部隊を長距離移動させるのは実質的に陸自初の軍事作戦だ」としている。

怖いな。二つの意味で。ひとつは戦闘の発生する可能性のある地域の走破。ふたつめは自衛隊の変質。戦闘の可能性のある地域を独力で走破するというのは今までの自衛隊を急激に変質させる可能性がある。これをきっちり国民がコントロールするためには今のあいまいな地位の自衛隊ではダメだ。反対ばかりしていて防衛機密を口実にした自衛隊の変質を見過ごしては愚かだ。評論家の集団ではないのだから、否定したり肯定したりするだけでなく本質的な議論を国会議員にはしてもらいたい。
このままでは戦前の愚を繰り返すことになりそうで恐ろしい。







-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.