北海道新聞 経済
新紙幣、今秋発行 ATM入れ替え、道内行に重い負担  2004/02/29 01:30

 偽造防止対策として今秋予定されている新紙幣の発行に向け、北洋、北海道、札幌の道内三行が、現金自動預払機(ATM)や両替機の入れ替えなどの準備を急ピッチで進めている。各行とも六月までに作業を終える予定だが、投資額は十億円単位のところもあるとみられ、新たな負担に頭を抱えている。

小樽の金融資料館で新紙幣のサンプルを見たんだけど、ホントにいろんな偽造防止技術を使っているようだった。新紙幣は楽しみだけど、確かに銀行とか自販機を使っている業界は大変なんだろうな。
地味に消費税の内税化対応なんてのも世の中では進んでいて、お金にまつわる政策って結構大きい事業リスクなんだよね。
ま、結局それが社会全体のためになるってんなら仕方がないんだけどさ。