仕事でも遊びでも、旅に出た先での暇つぶしの代表は書店に行くことという人は意外と多いのではないだろうか。

本屋なんてどこに行っても同じようなものだから、わざわざ旅先でまで行かなくてもいいようなものだけれど、僕はふらふらと行ってしまう。
確かにどこでも同じようなものなのだが、僕は大抵その地域の本のある書棚を探すことにしている。
地域の新聞社や、小さな出版社が出しているような本に意外な掘り出し物があったりしないかと探すのだ。
掘り出し物はなくとも、その地域の歴史とか、変わった風俗などのわかる本を見つけたりすると嬉しくなる。
でもそういう本は懐とかばんのスペースに響くことが多くてなかなか買えないのが難点なのですね。
僕的には大変悩ましく困ったものなのでした。