「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

映画・TV

東京物語

投稿日:

昨日の夜、BSで「東京物語」をやっていた。日本映画の代表作のひとつといわれる小津安二郎の作品だ。
前から一度見てみたいと思っていたんだけど、なかなかチャンスがなかった。昨日たまたま変えたチャンネルでやっていて、そのまま見入ってしまった。


淡々としたストーリーだが、いい映画だなあと思う印象の残る作品だと思った。
昭和28年の作品ということだが、今とつながっているところがあるような、すごく昔のことのような(実際50年近くも経つわけだけれど)不思議な感じがした。日本人の暮らしぶりが随分変わってしまったということなのだろう。
いつかDVDを買いたいなあと思うけれど、小津は全集モノしかないんだね。なかなか買えないなあ。。。
それにしても笠智衆って、この映画のころは49歳くらいだったらしいけど、70歳くらいのおじいさん役で、これがまたぴったりだ。寅さんシリーズの御前様役のムードとぜんぜんかわらないところがすごい。あの例の短い一言一言のセリフも変わらない。そのスタイルだけでずっとやってきた役者さんなんだからすごいなあと思う。







-映画・TV

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.