読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

頭がいい人、悪い人の話し方

投稿日:

話し方って人の第一印象を決めるところがあるなあと常々感じていて、自分の話し方がどうなのかってこともずっと気になっていた。それは悪いところがずいぶんあるんだろうなと感じていたからで、一度そういうことについてまじめに考えてみたいと思っていた。
そんなわけで買ってみたのがこの本。久々にダウンロードで購入。
悪い例がたくさん載っている。自分で思い当たるものも結構ある。自分のクセを変えるのはなかなか難しいことだけど、何かのときにふとこの本に書いてあることを思い出せれば少しは自分の話し方が変わるかもしれない。
まあ、僕の話し方の一番の欠点は一方的に話しすぎってところだってことはわかっているんだけどね。。。口に出して考えるクセが小さい頃からあって、さすがに独り言は恥ずかしいから話し相手を見つけてはいろいろなことをどんどん話す。相手になったほうは大変だろうなあ(^^;
僕の場合、アウトプットの方向はやはり文章に向かったほうが良いのかもしれないな、なんてちょっと思う。
頭がいい人、悪い人の話し方
樋口 裕一

発売日 2004/06
売り上げランキング 17

おすすめ平均
エッセイ本として
何パターン、あなたは当てはまりますか?
みなさん落ち着いて!

Amazonで詳しく見る4569635458







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.