読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

数学の勉強

投稿日:

僕は数学が苦手だった。

数学が好きな人は、よく答えがはっきりと出るからだという。あるレベル以降の数学は必ずしもそうではないと思うのだが、論理的な明快さという点ではそのとおりであろう。

僕はきっちり割り切れるというのはあまり好きではない。出た答えを重視する普通の学校の数学教育とは相容れないものがあったのだと思う。そういう数学が嫌いだった。

数学を苦手としながらも、数学で扱う概念的なものには興味が尽きなかった。計算は嫌いだが、不思議な数字とかいろいろな定理なんかは意外と好きなのである。学校でそういう側面をもっと教わっていたら数学が好きになっていたかもしれない。

概念的な背景を理解せずに丸暗記するということがとても苦手なので、公式をいきなり暗記させるようなタイプの教授法には合わなかった。暗記したことを前提に進められる授業にはついていけず、ますます数学が苦手になった。

数学の世界では現実の世界の役に立つ概念はあまり高尚なものではないらしい。しかし僕は現実の世界との重ねあわせで概念を理解しようとしていた。現実の世界を理解するために使う数学を知りたかった。

コンピュータを身近に使える時代になって、変数を用いる数式に実際に数字を当てはめてその変化を調べることがとてもやりやすくなった。Excelを使えば簡単にグラフが描けてしまう。これを使えば学校で習う数学の大半はもっと理解しやすくなるのではないかと思った。そして、現実の世界から大量に取り出される数値の意味を理解するための数学の使い方というのを最近になって学び始めて、数学を身近に感じるようになった。

大量の数値を解析するためのさまざまな手法をかじるようになって、基礎的な数学を学びなおそうという気持ちが生まれてきた。きちんと数学を理解すれば、もっと早く現実の世界でおきていることを解釈できるようになるかもしれないと思ったのだ。この歳になって初めて数学が使える学問だと思えるようになったわけだ。

そういう目で書店の書架をながめていて見つけたのがこの本。数の種類から割り算の意味、関数、指数・対数、集合、微分・積分、行列、統計分析まで。現実の世界の数値群を理解するための基礎的な数学が網羅されている。

これはほとんど最初の一歩。先には面白い定理や公式がたくさん待っている。学ぶというのはとても楽しいことなのだと改めて思った。

インターネットで学ぶ社会科学系のための数学 第3版
高萩 栄一郎

インターネットで学ぶ社会科学系のための数学 第3版

by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.