プログラムを自分の思ったとおりに作れるようになっていくのは楽しい。今週は久しぶりにそんなことを感じながら仕事をした一週間だった。新しいフレームワークのプログラミングは実際にどう動くのが正しいのかよくわからないところがあるし、最近流行りのオープンソースモノはなんだかんだ言ってもバグも多いから場合によってはそれを回避しながらのプログラミングになる。徐々にそのフレームワークのクセみたいなものがわかってくると作り易くなってくる。

ひと昔前はプログラミング言語とフレームワークは一致しているのが普通だった。今は別々で、言語は基本として覚えておいてその他にフレームワークを学ぶということになる。これを未だにピンと来ていないお年寄りは案外多い。僕もITの世界ではお年寄りの範疇に入ってしまうけど、ソフトウエアエンジニアはいくつになってもプログラミングができなきゃおはなしにならないと思っている。だから今回のように新しいフレームワークにチャレンジできるのは楽しいのだ。

家でも同じようなプラットホームの機器を用意してプログラムを作りたくなってきたなあ。。。