英語の学習状況


再三書いていることだが、僕は英語がキライだった。嫌いなものはろくに勉強しないのは当たり前だ。僕の英語は中学の基礎も出来ていない。出来ていなくてもコンテキストのわかる英文は読めてしまう。何のことかといえばコンピュータ関連の技術的なドキュメントのことだ。コンピュータというコンテキストがあるから知らない動詞が出てこようが意味はわかってしまうわけだ。

しかし、これではもちろん英文を書くことはとてもできない。だから心を入れ替えて英語の勉強を始めたのだが、あれほど嫌いだった英語がだんだん好きになってきたような気がする。

中学時代にすでに英語はキライだったので、英文法はほとんど頭の中にない。でもやっぱり英文法と単語を覚えるのは英語学習の両輪だと思い直して分かりやすい参考書を買ってきて少しずつ勉強している。最近買ってきてとても楽しく勉強しているのが「東大生が書いたつながる英文法」という本。もちろん中学英語の基礎がない僕は中学英語版のほうから読んでいるのだが、これがとても分かりやすいのだ。なんでこんなことをちゃんと覚えなかったんだろうと数十年も経った今になって目からウロコがボロボロ落ちるような感じなのだ。

こんな風に教えてくれたら英語キライにならなくて済んだだろうなあ。。。なんて思う。

僕のようの英語が嫌いだったけど今なんとかしたいと思う社会人とか、もちろん現役の中学生、高校生にもとてもいい参考書だと思う。オススメだ。

この他に「1分間英単語」という本で単語の暗記を並行して進めている。こっちははっきり言って苦しい。苦しいけどやり方が一応確立されているのでステップを踏んで頑張っている。

だいぶいろんな英語の本が揃ってきて、それらをいろいろ使いながら、ひとまずの本命、「7 HABITS OF HIGHLY EFFECTIVE PEOPLE」を少しずつ読み、AudioBook版を聴いている。

2年後には英語のペーパーバック(いや、Kindleでもいいな)で英語の本をスラスラ読めるようになるることを目標にして地道な努力を続けるのだ。

あ、適当に2年後って言ってしまった。これきちんとした目標にして計画立てて進めることにしよう。

東大生が書いた つながる英文法
浅羽 克彦

東大生が書いた つながる英文法
もっとつながる英文法 東大生が見つけた 世界一わかりやすい英単語の覚え方 世界一わかりやすい英文法の授業 高校入試突破計算力トレーニング 学習の作法
by G-Tools

カテゴリー: 学び, 日々, タグ: , パーマリンク