読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

おもしろ 技術 日々

久しぶりにUbuntu

投稿日:

急に必要になったとかそういうわけではないのだが、Linux系のPC環境のことをなんとなく考え、ググっていたら、Ubuntu Netbook RemixってのがVer.10.10で出ていることに気がついた。これだと最新の環境ということになる。たまたま8GBのUSBメモリが余っていたのでそいつにインストール用環境をコピーし、とりあえずはUSBメモリから起動して使ってみたら結構使いやすそうだったのでEeePCのディスクパーティションを整理してインストールすることにした。

日本語Rimixではなかったので日本語環境を作るのに少々手間取ったが半日ほどでEeePCにWindowsとのディアルブート環境をつくることができた。

で、今はUbuntu環境からこれを書いてみているというわけ。

ハードがハードなのでキビキビ動くというわけには行かないが、アプリケーションが起動したあとは快適に使うことができる。なにより便利なのはソフトウエアをネットワークからインストールできることだ。ちょいと手間をかけてソースをコンパイルしてインストールするなんてこともできる。PerlとかRubyとかPythonを使おうというならWindowsよりずっと簡単に導入できて言うことなしなのだ。

Androidの開発環境のようにIDEを使うようなものは画面の制約からちょっと無理だけれど、ちょっとした開発には十分使える。最近はデータもクラウドにおいていることが多いからブラウザとかクラウド用アプリさえあれば別にWindowsじゃなきゃならないなんてことはほとんどないのだな。

実は二年ほど前にも同じようなことを企んだのだが、そのときはデュアルブート環境を作るとか、無線LAN環境を導入するのは結構手間だった。今のバージョンはパーティションさえ確保出来ればほとんど手間なしだ。どんどん便利になっているのだなあ。

このEeePCのWindowsXPが使い物にならなくなったら全面的にUbuntuにして使ってしまおうと思った。

しばらくはまたUbuntuで暮らしてみることにしよう。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-おもしろ, 技術, 日々
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.