「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

働き方 思念波 技術

システム開発プロセスはなかなか変わらない

投稿日:

いつも短期間でやる仕事が多くてじっくりUMLを使った分析などやらないで済ましている。このところいろいろあって時間ができたのでとあるシステムのユースケース分析をやってみることにした。

図を書くためのツールとしては、astah* communityを使うことにしてユースケース図から書き始めた。

UMLはずいぶん前から勉強しているが、なかなか身につかない。たいていはユースケース図を描いて業務を分析し、業務の流れをシーケンス図で現してみて、そこから一気に勘でクラス図を描き、すぐにコードを書き始める。

本当はUMLの各ダイヤグラムを駆使して他の人と設計の議論をしたいと思っているのだが、結局コードを書いてそれをレビューするほうが早いのではないかと思ってしまうことが多いのだ。

でもってコードを書いてしまうということはある程度動いてしまうということでもあって、そこまでいってしまうとレビューがまた億劫になる。かくしてなぜこんなことが忘れられている?というようなバグの入ったプログラムができてしまうというわけ。これではいけない。

きちんとシステムを論理的に設計図に表現してそれをレビューしながら最終的な設計図であるコードに落とすということをやるのが品質のよいプログラムを作る手順なのだ。

ユースケース検討のときにデザイナーが入るともっと良い。というか今時そんなのあたりまえと言いたいところだけど、コスト面などでデザイナーに入ってもらうのはなかなか厳しかったりするというのも現実なのだな。

システムを作るプロセスというのは実際にはなかなか近代化されていない。と思うんだけど、これって僕んとこだけ?







-働き方, 思念波, 技術
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.