読了:マーケティングを学ぶ


マーケティングに関する本は今まで数冊読んでみた。たいていは市場分析に関するものだったような気がする。たしかに市場分析のテクニックは重要なのだが、では肝心の「市場」の捉え方とか、作り方といった面はあまり重視されないものばかり読んでいたようだ。

マーケティングは売るモノのライフサイクル全般に関係するものなのだということをこの本で認識することできた。ドラッカーのマネジメントとの関連も見えてきた。

マーケティングの専門書はたくさんあるけれども、この本はなかなか優れていると思う。たかだか新書と侮ることはできない。

マーケティングを、市場の捉え方、戦略のたてかたとそのための組織づくり、顧客とのリンケージ、そしてマーケティングに必要な組織の情報リテラシーに関する記述。実際の企業を例にした記述は理解しやすいし、実際に自分の仕事の場面でそれを応用しようとする助けになると思われる。

特にブランド戦略について最もページを割いている。市場を作り出すことと密接に関連するブランド戦略。これが実はニッポンの企業は得意ではないのかもしれないと感じた。良いものを作れば分かってもらえるというのは間違っていないが、実は機会損失も大きい。顧客との対話を重視することを改めて実践しなければならないと感じた。

マーケティングの入門書として良書である。

マーケティングを学ぶ (ちくま新書)
石井 淳蔵

マーケティングを学ぶ (ちくま新書)
ビジネス・インサイト―創造の知とは何か (岩波新書) 1からのマーケティング マーケティング (日経文庫) ブランド―価値の創造 (岩波新書) 経営戦略を問いなおす (ちくま新書)
by G-Tools

カテゴリー: 働き方, 学び, タグ: , パーマリンク