キーボードについて考える


僕はブログの記事を書くときにはほとんどUbuntuを載せたネットブックを使っている。画面の大きいPCもあるのだが、文章を書くのに集中しなければならない視野はそれほど広くなくてもいい。書くときに調べたいことがあったらブラウザの新しいタブをひらいて見ればいい。どうしても同時に見たいと思ったときには横にあるiPadを使ったりすることもあるが、それも滅多にはない。

やはり長い文章を書くときにはQWERTYの物理的なキーボードが使いやすい。考えたことを楽にそのまま打ち込むことができるからだろう。

しかし、TwitterにつぶやくときにはiPodやGalaxy Sでフリック入力を使う。片手で素早くアプリを起動してサクサクっと入力できらだ。短い文章を入力するときにはほとんど編集作業が発生しないから、手のひらに入るコンパクトさのほうが優位になるのだ。

QWERTYとフリック入力で入力スピードはどちらが早いかといえば、僕の場合はまだまだQWERTYなのだが、それでもフリック入力にほとんど抵抗がなくなってきていることを考えると、いつもフリック入力をしていれば入力速度はある程度追いついていくような気がする。

問題は編集機能なのだ。フリック入力で決定的に欠けるのは書いた文章のある部分にカーソルを持っていく機能だ。

タッチパネルがあるのだから直接指定できそうなものだが、指先で文章上の正確な位置を指定するのは難しい。それに画面が狭くて文章全体が見えないということもある。

このような難点が克服されたらQWERTYよりも使いやすい入力手段になるような気がする。

例えば、ディスプレイがメガネ型になってしまったらどうだろう。十分な文章表示エリアを確保した上でiPhone程のサイズの入力デバイスで文字入力の他にカーソルキー制御用の領域を作ることもできるようになるだろう。そうなるとかなり自由に文章の上を飛び回ることができるのではないだろうか。

実際、AppleTVを使って検索キーワードを入力するときはiPod touchとの組み合わせが重宝している。AppleTVでEvernoteが動いたら結構長い文章でも入力してしまいそうな気がする。もちろんカーソルキーは必須だけれど。

でもこれは日本語に限った話なのである。アルファベットのフリック入力はほぼ使い物にならない。練習すればできるようになるだろうが、五十音表のような子音と母音の関連によって習得が容易になっているのがフリック入力の特性なのである。アルファベットの入力は断然QWERTYが早い。

だから残念ながらプログラミングには今のタッチパネル入力は向いていないと言わざるをえないだろう(プログラミングならそれなりの特殊な入力方法があってもいいかもしれない)。

ここで中途半端なのがぼちぼち出始めたタブレットなのである。いくらキーピッチが物理的なキーボードに近くてもなんだか打ちにくい。徐々になれるのかもしれないし、もっと使いやすい方式が生まれるかもしれないけど、今はまだダメだ。

そうだ、iPadの日本語入力をiPhoneとかiPod touchでやるってのはどうだろう。どこかにそんなアプリはないかね?

カテゴリー: 妄想, 技術, 日々 タグ: , パーマリンク