7月の読書記録


うわー。読書意欲減退中。
なんでだろうなあ。なんとなくいろんな面で疲れ気味という感じがするんだよなあ。

8月はもう少ししっかり読みたいと思う。

7月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1608ページ
ナイス数:38ナイス

現代文明論講義 ニヒリズムをめぐる京大生との対話 (ちくま新書)現代文明論講義 ニヒリズムをめぐる京大生との対話 (ちくま新書)
現代日本のニヒリズムについて、現代の政治状況を巡る議論、憲法に関する議論、近代のニヒリズムに関する考察へと遡って検証していくという感じだろうか。実際の大学の講義録なので大変わかりやすい。こういう講義をもっと聴きたいと思ったな。
読了日:07月31日 著者:佐伯 啓思


江戸の読書熱―自学する読者と書籍流通 (平凡社選書 227)江戸の読書熱―自学する読者と書籍流通 (平凡社選書 227)
三百年も前から学習を目的とした読者が一般に存在し始めたというのはなかなかすごい。日本独自の印刷技術は今のマンガ・アニメの世界に繋がるともに、勉強熱心な国民性も生み出したのだな。古書を読者の視点からみる面白い本だ。
読了日:07月25日 著者:鈴木 俊幸


日本復興計画 Japan;The Road to Recovery日本復興計画 Japan;The Road to Recovery
夢を語らせたら超一流。いや皮肉でなく。大きい夢を語れる人物が政治家にいたらとつくづく思う。
読了日:07月25日 著者:大前 研一


あれから4年…クラリス回想 (アニメージュ文庫 (C‐004))あれから4年…クラリス回想 (アニメージュ文庫 (C‐004))
2010年6月に21刷か。人気の程がよくわかる。僕は大好きだけど、子供たちも大好きだもんなあ。この作品。 今はルパンの気持ちがしみじみとよくわかる年齢になってしまったのだなあ。。。
読了日:07月21日 著者:アニメージュ編集部


世界の宗教がざっくりわかる (新潮新書)世界の宗教がざっくりわかる (新潮新書)
ほんとにざくっりではあるが世界のメジャーな宗教について知ることができた。宗教間の関連というか微妙に影響しあっているという見方がなかなか面白かった。
読了日:07月08日 著者:島田 裕巳


CODE VERSION 2.0CODE VERSION 2.0
一回読んでCODEってものがおぼろげながら理解できたような気がする。今回は図書館から借りて読んだのだが、もう少しじっくり読んでみたいので購入して手元に置いとこうと思う。
読了日:07月01日 著者:ローレンス・レッシグ

読書メーター

カテゴリー: タグ: , パーマリンク