「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

国際 政治 社会

再読:ユーロが世界経済を消滅させる日

投稿日:

このところ喧しいギリシャ危機がまたまた気になったので再読。

ユーロというかEUの成立に関する歴史的経緯とか、なぜギリシャが事実上の破綻状態に至ったのかということについてわりとわかりやすく書いてある本なのだ。すでに去年の段階でこの本に書いてあるとおりの危機的状況であったのに未だにゴタゴタしているということは、状況はもっともっと悪化していると言えよう。EUはかなりまずいことになっているのだ。

しかーし、サブタイトルに書いてある「第2次グローバル恐慌から資産を守る方法」なんてひと言も書いていない。だから「世界経済を消滅させる日」ってタイトルも過剰なアオリと言えなくもない。

とはいえ、なんでギリシャ?とか思っている人には一時間くらいでざっくりEUとユーロの問題がわかって良い本なのではないかと思う。いずれにせよギリシャの対応次第でとんでもない恐慌に巻き込まれる可能性は否定できない。だからお金の使い方は今からでもちゃんと考えたほうが良いですね。

ユーロが世界経済を消滅させる日~ヨーロッパ発!第2次グローバル恐慌から資産を守る方法
浜 矩子

ユーロが世界経済を消滅させる日~ヨーロッパ発!第2次グローバル恐慌から資産を守る方法
グローバル恐慌―金融暴走時代の果てに (岩波新書) ドル終焉 -グローバル恐慌は、ドルの最後の舞台となる! 浜 矩子の「新しい経済学」  グローバル市民主義の薦め  角川SSC新書 (角川SSC新書) 1ドル50円時代を生き抜く日本経済 ユニクロ型デフレと国家破産 (文春新書)
by G-Tools







-国際, 政治, , 社会
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.