「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

日々

不思議な機械

投稿日:

休養に入ってからはほとんど家の中にいるので、洗濯をするようになった。するといっても洗濯そのものは洗濯機が自動的にやってくれるわけで、手間がかかるのは干すことと干したものをたたんだりして片付けることということになる。まあ、全部僕が主に担当しているのは干す作業だ。

もう雪がちらつく季節になったから洗濯物は外には干せない。なので部屋干しということになるのだが、これがまた黙っているとなかなか乾かない。というわけで除湿機の出番なのである。

洗濯物をひと通り干したら除湿機のスイッチを入れる。ルーバーを動かして干した洗濯物に一様に風があたるようにしてインジケーターの湿度を見るとだいたい70~80%。これが50%をきるくらいまで除湿機を動かしていると洗濯物はほぼ乾いてしまう。そんなわけでたまにこのインジケーターを見るのがなんとなく楽しみになってしまった。

除湿機というやつは別の見方をすると空気から水を作る機械である。どんな仕組みなのかと調べてみたら、ウチで使っているのはコンプレッサー式というものらしい。たぶん高圧側で吸い込んだ空気が低圧側で急速に冷やされる際に水滴を取り出すという方式なのであろう。しかしコンプレッサーらしい音は全然せず、ほぼ風切り音と控えめなモーター音だけだ。なかなかすばらしい。

で、とにかく水を作る機械なのだが、洗濯物をひと通り乾かす頃にはタンクにいっぱいの水が貯まっているのである。もちろんその大部分は洗濯物に含まれていたものであろうが、それが空気を介して水に還元されて大量に貯まっているというのを見るといつも不思議な気分になる。

溜まった水を洗面所にジャーと景気良く流すのがこれまたなんとなく気分が良かったりするのである。

ま、だからどうというわけじゃなくて、不思議だけど便利な機械だなあという話なのだった。

三菱 MJ-180FX-W 衣類乾燥除湿機 (ピュアホワイト)

三菱 MJ-180FX-W 衣類乾燥除湿機 (ピュアホワイト)
ブラザー工業 トナーカートリッジ TN-48J RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL III GRDIGITAL3
by G-Tools







-日々
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.