「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

モノ

SONY Readerで青空文庫を読んでみた

投稿日:

一応日本語の電子書籍リーダーであるSONY Readerを買っていながら基本的には英語の本を読むことに注力している。とはいえ日本語の電子書籍リーダーなので一応有償の電子書籍もRabooBookWebで購入して読んでみるということもやってみた。いろいろと文句を言いたいこともあるが一応それらしく読むことができることは確認できた。

で、そういえば。。。という感じで青空文庫を読むのにはどうするんだろう?と思って色々調べてみた。青空文庫を読むなら「縦書き」が必須である。結局方法としてはPDF化する以外はないということがわかった。世の中には偉い人がいて、青空キンドル(青空文庫のファイルをPDF化してくれる)のような素晴らしいサイトが提供されている。ここで読みたいファイルをPDF化してSONY Readerに転送すればきちんと縦書きで読むことができる。

読むことはできるのだが問題は多い。まず文字の大きさはPDF作成時に設定したサイズで変更できない。拡大縮小はできるのだが要するに普通の紙を虫眼鏡で拡大するようなことしかできず、拡大すればギザギザの無残な文字が表示されるだけだ。

まあ、サイズの問題は自分の好みのサイズでPDFを作れば良いとして、もっと問題なのはページめくり。SONY ReaderはPDF表示においては縦書きだろうと横書きだろうと左めくりしかできないのである。左にめくる操作で縦書きの次のページが表示されるというのはやってみると大変不自然な操作なのだ。

少なくともタッチ操作では耐えられない。ボタン操作であえて左右を気にしないようにして次のページに進めばなんとか我慢できるというレベルである。

ニッポンでは電子書籍フォーマットがDRM込みでメーカーや出版社と結びついていて、そういう青空文庫のようなフリーテキストを独自フォーマットに変換するモノが提供されていない。だからiOSやAndroidでは青空文庫ビューアアプリがいくつもある。どれも要するに素直なテキストフォーマットを縦書き表示するアプリケーションなのである。

SONY Readerにはそういうアプリケーションは存在しない。SONY様が作ってくれるしかない。日本人なのに日本語のテキストを縦書きで読むのに苦労しなければならないというのは悲しい事である。

Amazonが電子書籍に関してニッポン参入の噂があるが、たぶんこの縦書きの壁にはかなり苦労しているはずである。Kindleの日本語化は多分大変なのである。

ということであれば、だ。ニッポンの電子書籍業界は顧客の取り合いをやっている場合ではなくて、Amazonが日本本格対応Kindleを引っさげてやってくる前にやれることがあるはずだ。著作権がどうのこうのとケチ臭いことを言う前にSONY Readerは素のテキストを縦書きできちんと読めるようにすべし。

と、多少怒りモードで書いてしまうのである。

ソニー 電子書籍 Reader PRS-G1(ホワイト)※3G/WiFiモデル PRS-G1-W

ソニー 電子書籍 Reader PRS-G1(ホワイト)※3G/WiFiモデル PRS-G1-W

by G-Tools







-モノ,
-, ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.