読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

源氏物語を読む

投稿日:

日本人でありながら源氏物語を一度も読んだことがないというのもどうかと思って青空文庫から与謝野晶子版をダウンロードして読み始めた。青空文庫を読むならiPod touchでOK。サクサクダウンロードして次々に読むことができるのがうれしい。

とは言いながら昔々のラブロマンスを楽しむというのには男女差があろうというもので、男の僕はなかなか集中して読めるものではない。で、解説書を図書館から借りて読むことにした。「源氏物語が面白いほどわかる本」。出口汪さんはの現代文の参考書で有名というか、予備校の有名講師というかそういう人で、実際この人の参考書は面白くて勉強したくなってしまうのである。ひとまずこの本で予習をして、本文をじっくり楽しみたいと思ったりしている。

古典の楽しみ方も色いろあるのである。

源氏物語が面白いほどわかる本―日本が誇るラブロマンがマンガより楽しく読める
出口 汪

源氏物語が面白いほどわかる本―日本が誇るラブロマンがマンガより楽しく読める
教科書では教えてくれない日本の名作 (ソフトバンク新書) 夏目漱石が面白いほどわかる本 システム現代文解法公式集―出口の 大学入試 日本文学史 (講談社学術文庫) 出口汪の頭がよくなるスーパー読書術―論理力、考える力、発想力が誰でも身につく!
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-
-, , , , ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.