「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

moblog

源氏物語の解説本を読み進む

投稿日:

この間から源氏物語の解説本「源氏物語が面白いほどわかる本」を読み続けている。原本があれだけ長いものだから、解説本もあらすじをある程度なぞっていくだけで400ページを超えていて、これだけでもなかなかの難物なのであった。

それでも徐々に源氏と周囲の人々の生き方に込められた紫式部の思いのようなものがわかるような気がしてきた。もちろん解説書に書かれている「読み」というのが大きく影響はしているが、当時の宗教観や風俗などに少しずつ馴染んでみると、人生というのは儚く、なかなか思い通りにならないものだということを見事に表現しているのだと感じられてくる。

まだ解説書も100ページあまり残っている。飽きてしまって他の本に浮気をしながら読んでいるので、本編を本当に読める時がくるのだろうかと少々心配になりつつ、じわじわと読み進んでいるのである。

源氏物語が面白いほどわかる本―日本が誇るラブロマンがマンガより楽しく読める
出口 汪

源氏物語が面白いほどわかる本―日本が誇るラブロマンがマンガより楽しく読める
教科書では教えてくれない日本の名作 (ソフトバンク新書) 夏目漱石が面白いほどわかる本 システム現代文解法公式集―出口の 大学入試 日本文学史 (講談社学術文庫) 出口汪の頭がよくなるスーパー読書術―論理力、考える力、発想力が誰でも身につく!
by G-Tools







-moblog

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.