リワーク初日・正直つまらない初日


  • 午前中はオリエンテーション。リワークオフィスでのルールとか作業内容について話を聞いた。その後事務の軽作業。模擬伝票の数値チェックだ。伝票一枚ごとの時間を図りながら処理していく。とりあえず30分ほどやってお昼。ここまではどうということもない。
  • 午後は数値チェックの続き。単純作業は頭を空っぽにしてやっているとどんどん捗る。14:40くらいまでやってとりあえず与えられた量は全てこなした。15:45までに日報を書かなければならないので少々慌てたが焦ることもなく日報の作成をし、午後のミーティングで報告してとりあえず今日の作業はおしまい。
  • 特に強い緊張感/不安感もなく、集中力が途切れることもなく初日は終わった。なんだかこんなことを繰り返してみたところで何かが変わるような気がしないがまあしばらくは淡々と続けていくのだ。

昨日買って読み始めた五木寛之の「親鸞」が面白い。ちょこちょこ読んでもう既に上の半分位きてしまった。このまま調子に乗って読み続けたらあっという間に読み終わってしまう。「PUBLIC」の方が字数が多くて進みが遅いがそっちも着実に読み進めなきゃ。

パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ
ジェフ・ジャービス 小林 弘人

パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ
メディア化する企業はなぜ強いのか? ~フリー、シェア、ソーシャルで利益をあげる新常識 (生きる技術!叢書) ソーシャルシフト―これからの企業にとって一番大切なこと キュレーション 収集し、選別し、編集し、共有する技術 グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略
by G-Tools

カテゴリー: 働き方, 日々, タグ: , パーマリンク