今日も読書の休日


7時過ぎに起きてとりあえず朝ごはんを食べてテレビのつまらなさに辟易して二度寝して起きたら10時過ぎだった。とりあえず昨日から読み始めた「まともバカ」の続きを徹底的に掃除をしている家2012-04-08 13.19.55.jpg人を横目に見ながら読み始めてお昼を過ぎた頃ラーメンを食べに行こうということになった。途中クルマに給油。リッター153円もすると遠出をするのはためらわれるなと思いながら「麺屋菜々兵衛」へ。お昼時ということもあって行列していた。ここの鶏白湯のラーメンは美味いのだ。僕は塩を食べた。あいかわらず美味いなあと思って食べていたら後にまだ行列ができていた。最初に来た頃よりメジャーになってきているのかもしれないなあと思いながら素早く食べて席を空けて店を出た。
店の近くの生協で少し買い物をしてすぐに帰宅して、徹底的な掃除の手の伸びない部屋にこもってまた「まともバカ」を読んだ。 「脳化=人工化=都市化」というのが面白いと思った。脳はインプットが五感でアウトプットが筋肉だというのも面白かった。しゃべるのだって書くのだってキーボードを打つのだって結局は筋肉を動かしているんだもんなあ。でもきっとコンピュータを相手にしていると出力と入力が一緒に起きるから入力偏重になって体のバランスを崩して調子が悪くなるのだろう。こういう暮らしはもうあまり長く続けられないなと思った。都市化を進めるのはコストがかかるからそういうことはバーチャルな世界でやって現実には不便な田舎で身体を使って暮らすというのが案外健康的なんじゃないかなんて書いてあったけどホントにそう思うなあ。

というわけでこの週末は読書ばかりで過ごしてしまったのだった。そうだ。さっさと図書館の本、返しに行こうっと。

まともバカ―目は脳の出店 (だいわ文庫)
養老 孟司

まともバカ―目は脳の出店 (だいわ文庫)
真っ赤なウソ (PHP文庫) かけがえのないもの (新潮文庫) 唯脳論 (ちくま学芸文庫) 自分は死なないと思っているヒトへ―知の毒 (だいわ文庫) 無思想の発見 (ちくま新書)
by G-Tools

カテゴリー: 学び, 思考, 日々, , 食・飲 タグ: , パーマリンク