今日も昨日に続いて良い天気だった。来週から復職前のリハビリ出社がはじまって平日は通常営業になるので、今日は午前中にドライブに出ようと思った。目的地は厚田漁港。朝市がお目当てだ。

少し暑いなか、エアコンを入れずに窓を開けて走った。今週からちょっと下がったとはいえ相変わらず高いガソリンの節約のためだ。まあ今の時期は風が気持ちいいから窓を開けるのも悪くない。

厚田朝市ではカレイ、ヒラメ、ホッケ、タコ、ホタテなどが並んでいた。カレイはソウハチ、スナが一夜干しで売られていた。スナガレイの干したものを一竿買った。500円。そのまま煮付けてもいいし、唐揚げにしてもいい。すでにさばいてあるので簡単だ。ある店では脂ののっていそうな大きめのニシンの一夜干しが置いてあった。あまりにも美味そうなのでそれも買った。二本で500円。それから厚田に来たらいつも買うホタテ一袋1000円。これだけ買ったら十分なのでさわやかな風の中をおひる頃に帰宅した。

ホタテ丼

さっそくホタテをさばく。カレーライスを食べるときのスプーンを使うと簡単だと教えてもらったのでやってみたらホントに簡単だった。貝柱を9個取り出してホタテ丼を作って食べた。活きのいいホタテの甘みがたまらない。

みんなで一膳ずつ食べたらまだ足りない感じだったのでさらに9個さばいて刺身で食べた。

こんなことができるから朝市に行くのはやめられないのだ。

料理の仕方とかを朝市のおばさんに聞くのも楽しい。漁師さんの家では美味しい食べ方をたくさん知っている。

ホタテのヒモの刺身昼食の後に残りのホタテを全部さばいた。貝柱を取り、ヒモをわけ、卵と白子を分けておく。

前はホタテのヒモをひとつひとつ包丁でしごいて処理していたのだが、今回はみかんネットを使う方法をネットで知ってやってみた。ヒモをネットに入れてぬめりがとれ、黒い部分がなくなるまでもみ洗いする。5分もやっているときれいになる。包丁でひとつひとつやるのとは全然手間が違う。

夕食にはこのホタテのヒモの刺身を出した。これがコリコリして美味いのだ。卵と白子はバター焼きにした。

ホタテはたぶん全部で三十数個あった。まだ半分近くの貝柱とヒモが残っているがこの週末にはすっかり食べてしまうだろう。

去年までは大量のホタテを焼いて食べるしか能がなかった。今年は生のうちに食べる方法を習得できてバリエーションが増えた。こうやってひとつひとつ魚介類の食べ方を覚えていくのは楽しい。

朝市はまたその内行くかもしれないが、次のイベントは釣りだな。去年は行けなかったから今年はそのぶん回数を稼ぎたい。

昨日産業医に休日はおもいっきり遊ぶようにと小学生に言い聞かせるようなことを言われたことだし、がんがん遊びに行きたいと思う。