Windows Phone 8 は来るかも


はっきり言ってマイクロソフトはモバイルでは出遅れたというかもうダメだと思っていた。が、今年出る予定のWindows Phone 8はモバイルの景色を変えるかもしれない。

スマフォの世界ではiPhoneがまず第一。次がAndroidだ。今のところWindows Phoneは箸にも棒にもかかっていない。Androidは頑張っているが洗練されているのはiPhoneと言わざるをえない。そこにPCの覇者マイクロソフトがのこのこ後からやってきて勝ち目があるかというのがこれまでの戦況。しかしWindows 8がこれを大きく変える可能性が出てきたわけだ。

なぜなら、Windows Phone 8はWindows 8が走るのである。そうなのだ。PCのOSとコアが同じなのである。APIの仕組みからみてもアプリは全く共通の方法で開発できる。たぶん画面サイズの問題をクリアできるアプリなら同じアプリが動作するだろう。これはAppleも実現していない世界だ。

しかもマイクロソフトはタブレットを自前で出すという。デスクトップPCから(ノートに近い)タブレット、ケータイまで同じOSが動く世界というのは未体験ゾーンだ。アプリ開発者が黙っているわけがない。

今年の暮れから来年にかけてモバイルはiOS,Android,Windowsの三つ巴の戦いになるに違いない。ひょっとするとWindows PhoneがAndroidのシェアをかなり食うという結果になるのではないかと僕は予想する。

いずれにしても日本のハードウエアメーカーの出る幕は無さそうな感じなのは残念。しかし時代が変わるところを見られそうで楽しみなのだ。

カテゴリー: おもしろ, 技術 タグ: , パーマリンク