「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

働き方 思考 日々

手帳とノートだらけ

投稿日:

今日は一日良い天気だったようだ。帰りの電車が暑かった。今も青空が見えている。こんな日が休日だったらいいのにと考えざるを得ない。

今日は手帳とノートの話をしよう。

僕の手帳はほぼ日手帳だ。予定も書くけど日記っぽくもなっている。予定に対して実績のようなものを書くようにしているのだ。実際には実績記録の方が多いから日記に近い。予定はブルーブラックのインクで、実績はブラウンのインクで書くことにしている。

ふたつ目はモレスキンノート。手帳サイズのモレスキンを日記帳として使っている。ほぼ日手帳とかぶるようなことも書いているが、基本的に日記としてその日感じたことを中心に、しかも基本的に人には見せない前提で少し突っ込んだことも書いている。手帳サイズのモレスキンは一日一ページ書くのにちょうどいいサイズだ。これは基本的にブルーブラックのインクで書いている。

3つ目はMUJIのB4ノート。仕事の日報ノートとして使っている。3本線ノート方式で、見開き左ページの一番上に日付、左の欄に時間、右の欄にやったこと、起きた事実を基本ブルーブラックのインクで書く。右ページの左欄は思ったこと、疑問などをブラウンのインク書く。右欄はアクションアイテムや顛末などをグリーンのインクで書いておく。一日で見開き二ページを使う。

4つめもMUJIのB4ノート。プロジェクト用のノートだ。僕の仕事は一定期間続くプロジェクトなのでそのなかで起きたことを時系列にどんどん書いていく。これも3本線ノート方式。見開き左ページ上の欄はプロジェクト名とかフェーズ、左欄は日付。あとは日報ノートとほぼ同じ使い方。日報ノートとかぶる記述もあるが、プロジェクト連続で記録されるので過去に遡るのが楽なのだ。プロジェクトがいくつか動いている時はこのノートがプロジェクトの数だけあることになる。

5つめはMUJIの落書き帳。打ち合わせの時の適当なメモとか絵とかを書くのに使う。うまくかけたら切り取って日報ノートとかプロジェクトノートに貼り付けることがある。ガンガン書いてガンガン捨てるタイプのノートだ。

今はこれだけ使っている。もっと効率の良い使い方もあるかもしれないが僕はこれで回っている。

みんなはどんなノートを使っているのだろうか。興味があるな。

考えがまとまる!三本線ノート実戦活用術
橋本 和彦

考えがまとまる!三本線ノート実戦活用術
3本線ノート術 「3本線ノート」で驚くほど学力は伸びる!―中高受験の第一志望合格率81.7% 100円ノート『超』メモ術 算数は「図」で考えればグングン伸びる!―中学受験で驚異の合格実績 英語は3本線ノートで覚えなさい
by G-Tools







-働き方, 思考, 日々,
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.