「にゃお」と「んちば」はおなじひとなのです

NyaoPress 読書と日常

6月の読書記録

投稿日:

前半に飛ばした感じ。後半はちょっとページ数の多い本をじっくり読んでいるのであまり進んでいない。まあそれでも12冊か。まずまずかな。やっぱりもう少し小説が読みたいな。

6月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2886ページ
ナイス数:53ナイス

ここから始める経営学 エッセンシャル・アプローチここから始める経営学 エッセンシャル・アプローチ
二度目に読んでみると経営学を網羅した本というイメージになった。経営はマーケティングに始まりマーケティングに終わるのかもしれないな。次には企業内部から見た経営というのを学んでみたいと思った。
読了日:06月18日 著者:坂本 英樹


動きたくて眠れなくなる。 (Sanctuary books)動きたくて眠れなくなる。 (Sanctuary books)
感情がコントロールできるものだという意識は僕にはあまりなかった。感情に支配されるのではなく、感情をコントロールし、考え方を変えることで自分の行動を変えていくことができる。僕に必要なことが書かれている本だった。たまたま見つけてラッキーだったな。
読了日:06月16日 著者:池田貴将


なんでもわかるキリスト教大事典 (朝日文庫)なんでもわかるキリスト教大事典 (朝日文庫)
キリスト教について淡々と調べあげて作った文字通りの大事典。宗教臭さは皆無と言っていいだろう。僕は「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を読むためにキリスト教の各教派について知る必要があると思ってこの本を選んだのだが、正解だったと思う。西洋人の事を知るにはキリスト教を学ばないとわからないことも多いからこういう本は便利なのだ。
読了日:06月13日 著者:八木谷 涼子


学問のすゝめ (岩波文庫)学問のすゝめ (岩波文庫)
まだ中世の感覚が残っている時代にこれだけの事を書いたのだからやはり福沢諭吉という人はすごい人だったのだなあと思う。こういう本はちゃんと読んでおかなければいけないよね。
読了日:06月13日 著者:福沢 諭吉


心理学とは何なのか - 人間を理解するために (中公新書)心理学とは何なのか - 人間を理解するために (中公新書)
タイトルに反して結局心理学とは何なのかピンとこない本だった。心理学の世界で行われてきた手法について概観した感じ。よくある心理学本はちょっと軽薄な感じがするが、実地ではこんな地味なことが行われているんだということを言いたかったのだと思う。入門としてはいいのかな?どうだろう?
読了日:06月10日 著者:永田 良昭


ネットビジネス進化論―eビジネスからクラウド、ソーシャルメディアへネットビジネス進化論―eビジネスからクラウド、ソーシャルメディアへ
主にWeb2.0以降のわりと新しいネットビジネスの世界に関する考察をした本。賞味期限は短そうな感じだが最近のIT事情をざっくりと概観するには良い本だと思う。
読了日:06月07日 著者:中村 忠之


C言語ではじめようC言語ではじめよう
まさにC言語ではじめるということがテーマの本だ。文系の人がプログラミングをどうしても学ばなければならなくなったらこの本をおすすめする。サンプルコードの問題点(エラー処理とか例外処理がないというようなこと)や、だから実用のプログラムを作るのはもっと大変なのだということが書かれていてなかなか良いと思った。ただし、ポインタもまともに出てこないので理系でバリバリプログラミングをやろうという人が読む本ではない。
読了日:06月06日 著者:外山 清高


教職概論―教師を目指す人のために教職概論―教師を目指す人のために
別に学校の先生になろうというわけではないのだが興味があったので読んでみた。学校の先生ってやることがたくさんあって大変なんだなあってことがよくわかった。教職にはアシスタントをつけるべきだな。もう少し教育に予算をかけてもいいと思った。
読了日:06月05日 著者:佐藤 晴雄


速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術
タイトルの通りスピードを上げて読んでしまったら、何が書いてあったのかあまり覚えていない。。。本に線を引く事とか、とにかく早く量を読むこととか、アウトプットすることが書かれていたような気がする。この手の本を図書館で借りるのは良くないね。何度も読み返して頭に残さないとなあ。。。
読了日:06月04日 著者:宇都出 雅巳


つながる読書術 (講談社現代新書)つながる読書術 (講談社現代新書)
つながるってそういうことか。と思う本。孤独に読むのではなくて著者や他の読者とのコミュニケーションにポイントをおいた読書というのもあるんだな。もっといろんなタイプの読書をしたくなる本。ちなみに図書館から借りて読んだ。買う気はない(^^;
読了日:06月03日 著者:日垣 隆


幸福王国ブータンの智恵幸福王国ブータンの智恵
国民の97%が幸福だと答えている。らしい。僕はもっと自分の幸せを大事にしなければいけないと思った。自分の幸福を会社に売ってお金に変えるような暮らしから抜け出すにはどうしたらいいのか考えさせられたなあ。
読了日:06月03日 著者:アスペクトブータン取材班


EUメルトダウン 欧州発 世界がなくなる日EUメルトダウン 欧州発 世界がなくなる日
今起きている危機の原因は、まず今のヨーロッパの成り立ちから読み解かなきゃいけない。この本にはユーロ成立までの歴史が書かれ、なにが問題なのかがコンパクトに書かれている。読むなら今。賞味期限の短い本だと見た。今年の暮れにはユーロがどうなっているかわからないからね。
読了日:06月03日 著者:浜 矩子

2012年6月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター







-
-, ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.