先週はブログを書けなかった。仕事が期末納期でラストスパートになっていて、心に全く余裕がなかったのだ。一日緊張と集中の中で過ごして体力的にも疲れきっていた。もう若い頃のようには走れないということだ。

週末にクリニックを受信して主治医と話したことは、病院に水曜午後あたりに休診というのが多いのは疲れきるのを予防するのに役立っているということだった。頭を酷使するIT職場でも同じようなことを考えたほうが良いのではないかと思う。僕もちょっと水曜日には15時に上がるというのをやってみようかと思っている。

そんな状況だから平日に放送大学の勉強をするというのもとても無理で、ちょっと焦っている。まだ新学期が始まっているわけではないのだが、最初の学期に取らなければならない科目は8つあって、11月末には一旦通信指導課題を提出して合格しないと1月末の試験が受けられない。あと2ヶ月で7科目の学習をひと通り終えるためには平日も学習を進めないといけないのだ。仕事をしながらの勉強はやっぱりなかなか大変だと思う。

今日は心理学史と心理学研究法を1コマずつ学習した。研究法の方では統計に関する知識が必要なことを痛感した。必要に迫られてざっくりと勉強したことはあるのだが、検定がらみのところはきちんと理解できていない。統計のわかりやすい本を探して勉強する必要がありそうだ。あとで本屋に行って物色してみよう。

とはいえ天気が今ひとつ。外出するのは少しばかり気が重いな。