読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

健康 働き方 写真 北海道 学び 思考 日々 食・飲

一年ぶりの赤字丼

投稿日:

2012-10-19 11.47.57.jpg今日は有給を取った。特段用事があったわけではないのだが、仕事にひと区切りがついてちょっと疲れがたまったような気がしたので一旦リセットするような気持ちの休暇だ。

本当は釣りに行こうと思っていたのだが、昨日少しジンを飲み過ぎて家人が二日酔い気味だったのと、天気が今ひとつで寒かったので断念し、久しぶりに長沼名物「赤字丼」を食べに行くことにした。確か、前回行ったのは一年くらい前のはずだ。

相変わらずのボリュームだが、爽やかな香りの良いタレや、おまけについてくる美味い塩辛や三升漬のご利益か、思ったよりあっさりと食べられてしまう。次回は黒字丼にチャレンジしてみようと思った。

出かける前に放送大学の「心理臨床とイメージ」の通信指導の回答を作成した。帰ってきて昼寝を1セットしてから「心理学研究法」の6章から8章を通読した。4科目やってみて、通信指導の問題は15章のうちの8章までの範囲で出されていることに気づいた。確かに10月に受講を初めて11月末までにすべての範囲について通信指導の回答をするのは無理なのだ。最初の2ヶ月でテキストの半分の理解度を試し、その結果をもって単位認定試験受験の資格を与えるという仕組みなのだろう。

最初はノートを取りながらテキストを読むという方法をとっていたのだが、それだと頭に入りにくいことがわかった。色々考えながらテキストを通読するほうが効果がありそうだ。ノートをとるのは放送授業を受けながらが良いと思われる。さらにテキストを読んでノートを補完できればある程度理解が進む気がする。まずはそうやって学習を進めてみることにした。

とは言え、まだ今学期の履修科目の半分にしか手をつけていない。残り半分、あと一ヶ月でやっつけなければ。働きながら学ぶというのは想像以上に大変だな。。。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-健康, 働き方, 写真, 北海道, 学び, 思考, , 日々, 食・飲
-, ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.