仕事を見直す


今の時期は下期の始まりの時期なので、仕事でもいろんなことを見直す。自分の業績の見直し、評価、部署内の各種制度の見直しなどがある。仕事が上期で区切りになって、新しい仕事を探さなければならない状況もある。本当はもっと早くから動いていなければならないのだが、今期は事情があって仕事が急に途切れてしまったので慌てていろいろじたばたしている。なかなか仕事をうまく続けていくのは難しいものだと思う。

まだ週の始めだというのになんとなく疲労感がある。それでも帰ってきて食事をして風呂に入って、それから放送大学の心理学の勉強をした。とりあえずテキストを読むだけなのだが、科目によっては覚えることがたくさんあって自信がなくなってくる。普通の大学生が学ぶことに集中できる環境にあるのをうらやましいと思う。

まあ、それでも放送大学で学ぶにあたってはあまり卒業年限を気にしなくていいところがいい。もちろん全科履修生が卒業するためには年限はあるのだけれど、卒業にこだわらなければ学びたいことを学びたいだけ選んでいつでも学ぶことが出来る。これはなかなか魅力的なことだ。

これだけ開かれた大学があるなら、もっと社会というか、企業も開かれていいのではないかと思ったりする。もっと風通しの良い社会になったら、GDPがどうとか気にしなくても豊かな暮らしができるのではないだろうか。

政治に責任を持つ人達にはそういう事を真剣に考えてもらいたいと思う。

カテゴリー: 健康, 働き方, 政治, 日々, 社会 タグ: , , , パーマリンク