先週は月曜の未明から胃が苦しくて、朝近所の医院が開くとすぐに行って診察を受けた。胃腸炎ということで点滴を二本。受診前の体温が37.1度。帰宅してだるくなってきたなあと思ってまた体温を測ったら37.7度。こりゃイカンということでとりあえず布団に潜り込んで寝て、夕方また熱を測ったら38.3度。38度を超えるのは久しぶりで、もう身体中が痛いこと痛いこと。胃腸の状態は相変わらずで水分だけを取って寝たのだが、夜中に背中が痛くて寝られない。翌朝の体温が37.7度でそれが木曜ぐらいまで続いた。

火曜日におも湯。水曜日におかゆという感じで胃腸をいたわっていた。いつも服用している心療内科の薬が服めず、週末にはメンタルの調子まで狂ってしまう始末。それでも木曜日くらいから薬を戻して土日にはなんとか回復というところにこぎ着けた。それでも一週間休んでしまったわけだ。

今日出社したら早速健康相談室に呼ばれて面談。思うところを話してみんなが「うーん」となったところで終了。いずれにしても風当たりは病人に対するものではない。

ちょっと疲れてしまったが、午後は気になっていた調べ物をして、後輩の技術的な疑問を一緒に考えて、一時間残業して帰ってきた。

どうも僕は病弱らしい。困ったものだ。