昨日、映画「のぼうの城」を観に行った。小説が出た時にすぐに買って読んでいたので楽しみにしていて、実際映画も面白かった。戦を中心とした映画であれだけ面白くさっぱりと見られる映画もめったにないのではないかと思った。まあ、原作がもちろんいいんだろうけど。

映画の中身の話は観ていない人もいるだろうから遠慮するとして、映画館に行ってラッキーと思った話。それは自分が大学生であるということ。クーポンと合わせて大学生料金になると一般料金より400円安くなるのだった。社会人なんだからそんなみみっちいことしなくてもと思わなくもないが、使える権利は行使するのが僕の流儀だ。

カウンターで学生証を出して大学生料金になった。たぶん他にも大学生料金が設定されているところはいろいろあるだろう。そのときはここぞとばかりに学生証を使ってみたい。

映画は午後から観に行ったのだがなかなかの入りであった。他にも見たい映画がいくつかあった。でもその前に寄った本屋で読みたい本がそれ以上にあった。厳しいお小遣い事情を考えるとやっぱり大学生で良かったと思ったりするのであった。

しかし、昨日はそうやって出かけてしまったので学生の本分である勉強をサボってしまった。その分今日は頑張って勉強しているのである。

のぼうの城 上 (小学館文庫)
和田 竜

のぼうの城 上 (小学館文庫)
水の城―いまだ落城せず (祥伝社文庫) ツナグ (新潮文庫) のぼうの城 下 (小学館文庫) 天地明察(上) (角川文庫) 天地明察(下) (角川文庫)
by G-Tools