昨日一冊読み終わって、きょうまた一冊、Kindleで本を買ってしまった。ちょっと探すと安い本が結構あるのだ。それが興味をそそるものだとすぐにポチッとして読みだしてしまう。このスピード感は癖になる。

僕は小説の類は装丁などが気に入ることも多いので紙の本を買いたいと思っている。それに対して装丁が比較的どうでもいいビジネス書とか新書のようなものは電子書籍でいいと思っている。しかし、実際に電子書籍を読み始めると、検索性の観点で紙の本が勝ることが多く、検索が必要なのは圧倒的にビジネス書とか新書のほうであることに気がついてきた。まだKindleを使い慣れていないということもあるのだが、やっぱり調べたくなったことを曖昧な記憶をもとにパラパラとめくって探せるのは紙の本だ。それに対して、小説はあまり検索を必要としない。だから実は小説のほうが電子書籍に合っていると言えるような気がしてきたのだ。

僕は本に書き込みはしない方だが、ビジネス書や新書などは線を引きながら読んだほうがいいかもしれないと思うこともある。このへんも紙の本が勝るところだ。自分の知識とするために本を使い倒すという意味では紙の本に電子書籍はかなわないのではないだろうか。

いつかこういう紙のメリットを上回る電子書籍の世界ができるのだろうか?そういう意味では電子書籍はまだまだで、発展の余地のあるものだと思う。

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite
Amazon Kindle Paperwhite電源アダプター (端末には付属していません) BUFFALO Kindle Paperwhite専用 気泡ができにくい 反射防止フィルム BSTPKDT12FT Kindle Paperwhite用長期保証(自然故障・不具合を1年延長) Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、オニックスブラック (Kindle Paperwhite専用) Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)
by G-Tools