痛い注射


最近は病院での治療処置は血管に直接注射液を入れることが多くて、僕は採血とか点滴とかに慣れているのでそれはあまり痛いとも思わないのだが、今日はむかしむかし学校で受けて以来初めてのインフルエンザの予防接種を受けて、懐かしい痛みだなと思った。

今回予防接種を受けたのは、下の子の受験があるからで、家族全員が受けることにしたのだ。長年の付き合いでもう顔パスになっている近所の医院で受けてきたのだが、今は接種は一回で当日お風呂に入ってもいいのだね。痛かったけど楽になったもんだ。

午後は心理学の勉強を4コマ。「心理臨床の基礎」でクライエント中心療法と今流行の認知行動療法、「精神分析とユング心理学」でペルソナとゼーレ、カインとアベル。ユング心理学の分野は普遍的無意識の世界を神話などで学んでいくのだが、この講義が眠くて困った。印刷教材とは別の展開で講義が進むので先に印刷教材を学んで置かなければならないし、イメージの話はノートにしにくいところがあって、どうやって学習を進めたらいいのか正直途方にくれている。講義を思い出しながら印刷教材をもう一度読んでみないといけないと思った。試験が怖いな。

さて、きょうは朝から病院を2件まわって午後は心理学を勉強したらこの時間になってしまった。夜はのんびり過ごすぞー。夕食はなにかな。。。

カテゴリー: 健康, 学び, 思考, 日々 タグ: , , パーマリンク