6冊か。放送大学の単位認定試験があって、その勉強をしていたわりにはよく読んだなという感じ。スマートノートは早速使い始めている。

試験も終わったし、またどんどん読みたいな。

2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1509ページ
ナイス数:20ナイス

ジェームズ・アレンの自分を幸せに導く方法ジェームズ・アレンの自分を幸せに導く方法感想
良いことをしろ。悪いことはするな。って感じかな。昔の本。
読了日:1月20日 著者:ジェームズ・アレン研究機構
それをお金で買いますか 市場主義の限界それをお金で買いますか 市場主義の限界感想
サンデル先生の議論にはいつも考えさせられる。こういう議論の講義を受けられる学生は幸せだな。あらゆるものがお金で取引される世界は醜悪な感じがする。なぜそう思うのかはもっとしっかり考えないといけないな。

読了日:1月19日 著者:マイケル・サンデル,鬼澤 忍
強い会社の教科書強い会社の教科書感想
経営者の立場から会社を見るとずいぶん気分が変わるものだな。意識を切り替えて仕事をしようと思った。
読了日:1月19日 著者:小山 昇
イノベーションのジレンマ 増補改訂版 (Harvard business school press)イノベーションのジレンマ 増補改訂版 (Harvard business school press)感想
少し古い本だが、模範的なイノベーション経営が必ずしも成功するわけではないということに驚かされた。今調子のいい会社も明日はどうなるかわからないし、意外なところから成功者が出てくるということだ。変化の速い時代は大変だな。
読了日:1月17日 著者:Clayton M. Christensen
君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!? 特別編君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!? 特別編感想
これから子どもを育てようという人は小さな頃から外国に出ることを刷り込んだほうがいいかもね。ワクワクしている人の話は読んでいるこっちもワクワクしてくるよ。
読了日:1月13日 著者:田村 耕太郎
あなたを天才にするスマートノートあなたを天才にするスマートノート感想
ノートの作り方を自分の成長に合わせて発展させるというところが斬新。面白かった。
読了日:1月2日 著者:岡田 斗司夫

読書メーター