読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

学び 技術・科学 日々

読了:ビッグデータの衝撃

投稿日:

「衝撃」ってのは多少あおり気味の感じはするけれども先進企業がビッグデータによって様々なビジネスを行なっていて、インフラコストの低下からそれがあらゆる企業に広がるインパクトは案外大きいのかもしれないと思った。

データサイエンティストがこれから足りなくなるとしたら、理数系、とくに数学に強い人材はこれからウハウハできるかもしれない。まあ、これまでも経済学の世界でそういう時代があったわけだけれど、それがもっと一般的になるとすれば高度な数学を使える人材がたくさん必要になるわけだからね。ま、僕にはあまり縁がない世界だけど^^;

ただ、自分の行動が色んな所でモニターされ、データ化され、ぐるりと回って自分になんらかの影響を与えているとすればちょっと不気味な感じがする。Google多用している時点でそんなことは予想できているんだけど、よく行くコンビニで入店しただけで知らない店員さんにお得意様扱いされるようになったら不思議を通り越して怖い感じ。そういう時代になりつつあるのだな。

プライバシーを積極的に守らないといけない時代が来てしまったというのはめんどくさいね。

ビッグデータの衝撃――巨大なデータが戦略を決める
城田 真琴

ビッグデータの衝撃――巨大なデータが戦略を決める
最強のビッグデータ戦略 クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった 1冊でわかる ビッグデータ (日経BPムック) ビッグデータがビジネスを変える (アスキー新書) NOSQLの基礎知識 (ビッグデータを活かすデータベース技術)
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-学び, 技術・科学, 日々,
-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.