成績発表


放送大学の今学期の単位認定試験の結果が出た。8科目のうちC、B、Aがひとつずつで残りが○Aだった。成績が良くない科目は特定の教授の科目。難しいのだ。まあ、そういう先生っているよね。

これで一応今学期科目は合格が確定したので来学期の履修科目はこの間登録した放送5科目と面接2科目で行ってみようと思う。抽選になる面接授業が両方ともとれるとうれしいんだけどなあ。

今学期の成績表を見ると卒業にとくに必要のない科目を2科目取っていたことがわかった。ちょっとだけ遠回りだがとにかく6年以内に卒業すればいいのだから面白そうな科目は積極的に取っていこうと思う。こういう考え方は現役の学生時代にはなかなかできなかったに違いない。ちょっと気合が入りすぎて専門科目中心に取ったので基礎科目の履修が足りない。来学期はバランスよく取りたいと考えて履修科目を決めた。1学期過ぎるといろいろシステムがわかってきてペースも考えられるようになったということだ。

来年度からは情報コースが増えて、実はそちらに面白そうな科目が結構あって目移りする。しかしとりあえず今は心理系で学士をとるのだ。それが済んだら再入学という手もある。大学院に進むという選択肢もある。「洋々たる前途」という言葉が頭をよぎったりする。

お勉強が楽しくなるのはある程度年齢がいってからだというのがなんだか面白いような残念なような気がするのである。

カテゴリー: 学び, 日々 タグ: パーマリンク