読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

モノ 技術 日々

Macが欲しくなった

投稿日:

とあるきっかけでXcodeでのプログラミングに触れることになった。Objective-CのコードはSmalltalkにもよく似ていて(実際CとSmalltalkをまぜたような言語らしい)なんとなく面白いと思った。

問題はこのプログラミングはハードルが高いことだ。要するにMacが必要なのである。何台もPCがあるウチにはMacはない(昔々のなら転がっているが)。昔と比べたらずいぶん安くなったとはいえ、一台買おうというわけにはなかなかいかない。

放送大学の学費も自分のお小遣いで工面している。Macは当分買えそうにない。

Macのプログラミングには興味はあるが、問題は何を作るかである。プログラミング言語を覚えるときにいつも困るのがこれ。言語は覚えたいけど作りたいものが今ひとつ出てこないのだ。

こうして他人が必要なプログラムを作るといういまひとつ気合の入らない状況が続いていると言えなくもない。

Macを買うにしても使う目的が明確にならないとダメなんだよね。ホント。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-モノ, 技術, 日々
-, ,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.